きりのPFCSログ

企画「PFCS」のログです。

MENU

小説一覧

【我が音色は律に非ず】

――それは、電脳と芸能の都市の闇への旅の、始まりであった。

 

f:id:pen3it:20171231103950p:plain

都会と音楽に憧れるアスラーン、梁 迅律リャン・シュンリーが闇に巻き込まれながらも、答えを探す話。

  1. 逸才いっさい逐電ちくでん
  2. 蝴蝶の謁見えっけん
  3. 虫籠
  4. 蝶の餌
  5. 摩天楼の陰影
  6. 泣き虫臥龍とずぶ濡れ鳳雛
  7. 月下双酌
  8. 麒麟児の悪戯
  9. もたげる蛇頭
  10. 毒牙の初撃
  11. 泥を生きる一輪の蓮
  12. わだちの少年
  13. 殷鑑いんかん
  14. 火車ひぐるまの騎手
  15. 葦原の彼方
  16. Different Now
  17. 捲土重来けんどちょうらい
  18. 因陀羅インドラ霹靂かみとき
  19. Dive in the Future
  20. 世に咲く白三葉の如く
  21. 未だ白き冒険の書

短編など

pen3it.hatenablog.com

 

pen3it.hatenablog.com